「私、腹筋無いんです~~」

一伶庵にいらっしゃるお客様から
よく聞く言葉です。

すごく気持ちがわかります。
以前は私もよ~く言っていました(笑)
今は、
「腹筋が無い人なんていないんですよ~。
上手く使えているかどうかが違うのですよ~。」

とお答えすることが多いです。

本当に腹筋なかったら、
座ることも立つことも、
たぶん寝ることすらもできなくなってしまいますからね。

***

何らかの理由で
上手く腹筋が使えなくなってしまうと、

前に屈むと腰が痛い。
太ももを上げるのが辛い。
寝返りを打つと腰が痛い。
寝た姿勢から起き上がるのが辛い。
などの症状が出ます。
そう、お腹がダメになった時は
背中側の筋肉が頑張るので、
痛くなるのはお腹ではなく腰なのです。

そういう腰痛の方は
触診でお腹に触れると痛みがあるので、
お腹なの?とびっくりされます。

腱引きでは腰痛の時に、
腹筋の調整も視野に入れて施術をするのです。

***

いわゆる「腹筋」は
肋骨から、恥骨、腸骨などの骨盤についています。

もちろん腹筋の一部は背面にも回っていて、
丸い筒のようになって
腹部~背部全体を支えています。
この腹筋は、4層になっています。

 

外腹斜筋
内腹斜筋
腹直筋
腹横筋

という順番で層を作っています。

腹直筋以外は薄い膜のような筋肉です。
お腹を縦に走る筋肉が「腹直筋」
一般的に『割れた腹筋』と言われる時の腹筋は、腹直筋のことを指しています。
「外腹斜筋」は斜め下に向かっています。

「内腹斜筋」は斜め上に走ります。
この2つはくびれを作る筋肉とも呼ばれています。

「腹横筋」は、腹巻のように横方向にお腹を覆っています。

この4つの筋肉が、異なる方向に走行することで腹部を安定させているのです。

***

腹直筋は、アウターの筋肉です。
瞬発的な力を発揮することが得意です。
腹横筋は、インナーマッスルです。
持続的であり、コアの筋肉です。
役割の違いを感じてみましょう。
仰向けに寝て、
お腹を触ってみてください。

両足をグッと持ち上げると
お腹が硬くなりますね。

それが腹直筋です。

次に、足を下ろして、
お腹をペチャンコにするように
グッと力を入れてください。

すごく力を入れているのに、
お腹の表面は柔らかいままでしょう。
それが腹横筋を使っている状態です。

***

では、腹筋をバランスよく使っているかのチェックをしてみましょう。

そのまま仰向けで、
床に足はつけたまま、
両膝をいっぺんに曲げてみます。

その時に、
お腹の上部が硬くなった方は、
少しバランスがとれにくくなっています。

お腹が柔らかいまま、
膝が曲げられたら、
上手く腹筋のユニットが働いています。

床に足をつけたまま曲げる時には、
インナーマッスルの腹筋と、
骨盤内の筋肉群、
太ももの筋肉群などで本来は受け持っている動作なのです。

そこにアウターの筋肉、
腹直筋の力が必要だとしたら
他の筋肉が上手く使えていないので
代わりに働いてくれているということなのです。

***

腹筋のバランスをよくしていくのには、
キチンと使ってあげることが大切です。

しゃがむ動作は、
自然に下腹に力が入ってきます。
オススメです!

1分以上しゃがみ続けられるようなことを
日々の生活の中に組み込んでいくとよいですよ。

もう一つ、
座りながら、
椅子でも正座でもあぐらでも良いです。
前かがみになって呼吸してみること。

前かがみになるとお腹で自然に呼吸ができます。
そういう風にカラダはデザインされています。
自然と肚を決める呼吸になるのです。

***

「腹が決まる」
「腹が座る」
「腹の底から笑う」

腹という言葉は
度量や胆力を表す言葉でもあります。

言葉からカラダをみていくと、
毎回その叡智に感動してしまいます。

下腹辺りのお腹の状態と
度量や胆力などの心の状態は繋がっています。

カラダの肚から整えて
気持ちまで整えていけるのです。
うーん楽しいですね。